2週間程度の短期留学に行くメリットはありますか。

2週間程度の短期留学は費用面や取れる時間が少ない人、長期留学の参考にしたい人にはメリットが大きいです。

短期留学が人気を集めています。現在おおよそ1か月程度あるいはそれ以下の期間で短期留学をする人が多いです。そのメリットはさまざまありますが、中には2週間程度と超短期ともいえる期間の短期留学をする人もいます。

このような2週間程度の短期留学するメリットはいくつかあるものです。

はてなマークと男性

費用が安くなる

留学はその期間が長ければ長いほど費用がかかるのが一般的です。そのため留学をしたいけれども経済的に余裕がないという人は、2週間程度の滞在で朝から夜まで現地の語学学校などで学ぶというハードスケジュールにする人も多いです。

社会人でも行ける

社会人になると留学のために長期間休むというのは仕事に影響を与えたり、あるいは退職していかなければいけないケースもあることから難しいものです。

しかし2週間程度であれば夏休みや冬休みに有給を加え、仕事に影響なく留学できるということから社会人で2週間程度の留学を選択する人は多くいます。

長期留学の下見ができる

本来は長期留学をしたいと思っていても、その国や地域が自分に合うかどうかわからないということでなかなか踏み切れないという人も多いです。

そのため前もって2週間程度の短期留学をすることで長期留学のための下見をし、その後長期留学に踏み切るという人も多くいます。

長期留学は費用もかなりかかり、途中で自分に合わないと思っても状況によっては途中で帰ることができなかったり返金がされないこともあります。

そのような意味では短期留学は期間が短くてもとても有効に使えるものなのです。

関連記事

スーツケースに荷物を詰めている女性

短期留学の準備はいつ頃から始めたらいい?

左手であごを触る女性

短期留学は意味がないと思っておいた方が良いのでしょうか?

腕を組んでコチラを見つめる男女

社会人でも短期留学をすることができるのでしょうか?

マークシート方式のテスト

短期留学先でのクラス分けテストってどんなもの?

右手でOKサインを出す女性

短期留学をするにはどのくらいの準備期間が必要になるのでしょうか?