クラリス薬等の抗生物質を服用する際には様々な注意点があることを解説します

お薬をたくさん飲まなければならない人

抗生物質は、非常に高い治療効果があるのですがそれはあくまで正しく服用している時に限ります。抗生物質は、使う際には様々な細かいところに気をつけて使わなければいけないのでそれについてを解説しましょう。

■抗生物質の注意点
抗生物質を処方される際に、医師や調剤薬局の人に必ずどのタイミングでどれだけ飲むかということを指示されますよね。これは、目安などではなくきちんと守って使わないといけないことなので必ずこの処方は守りましょう。

主に、注意される点は服用量、服用期間などですね。さた、注意点はそれだけではなく他にも服用する際に使うものだったり服用中に控えるようなこともありますので、抗生物質の効果がちゃんと出るようにそれを覚えておきましょう。

■細かな抗生物質を使う際に守ること
まず、服用量ですが抗生物質は血中濃度によって効果の現れ方が変わりますので、必ず服用量を守ること。そして、服用期間は体内の細菌を完全に死滅させるまでの期間なので症状が収まっても飲むのをやめないことです。

他にも、抗生物質を飲む際に牛乳と一緒に飲んではいけません。抗生物質の中には、カルシウム成分と結合して効果が弱まってしまうものもありますので水か白湯で飲むようにしましょう。

■一番基本的な生活
そして、抗生物質を使う際に一番気をつけなければいけないのがアルコールです。アルコールの中枢神経を抑制する作用、血管拡張作用は抗生物質の効き目を過剰にしてしまうことがあります。

こうなると、抗生物質の副作用が強く出てしまったりすることもあります。中には、抗生物質がアルコール代謝を現象させてひどい二日酔いにしてしまうこともありますので、アルコール類は服用中は飲まないようにしましょう。