クラリス薬などの抗生物質を服用する際には必ず服用方法を守るようにしましょう

相談をする医師と患者

抗生物質は、最近感染にとても高い効果を持っており現在の細菌感染に関してはほとんど治療不可能なものがなくなったと言ってもいいくらいです。

しかし、こういった抗生物質もちゃんと注意しておかなくてはいけないことがあるのでそれについてを解説しましょう。

■抗生物質は服用方法厳守
まず、抗生物質を服用する際に一番気をつけなくてはいけないのが服用方法を指示された通りに守るということです。抗生物質の処方は、医師が症状や患者の状態などを見てから定めた効果があり、なおかつ安全に服用できるという量や濃度などを考えた上で出されたものなのです。

これをきちんと守らないと、正しく効果が安全に得られないこともありますので、処方箋は遵守するようにしましょう。

■抗生物質の性質とも関係する服用方法
抗生物質には様々な性質があり、たとえば時間依存性という抗生物質は効果的な血中濃度が長い時間続くほど効果がありますので、一日の中で分けて服用するという指示が出されます。

■抗生物質の性質とも関係する服用方法
別の濃度依存性、というタイプの抗生物質は最高血中濃度が高いほうが効果的なので、1日1回決められた一日分の量を服用するというようにより効果が現れやすいような指示がされているので処方箋というのはちゃんと意味があるものなのだと理解しておきましょう。

■タイミングも守ろう

他にも、抗生物質は食事の影響などを受けてしまうこともあって食前、食後、と言ったようなタイミングについても指示を細かく出されるんですね。

それぞれのタイミングも、抗生物質の種類によってどのタイミングがいいのかということは大きく変わって来ます。なので、必ず服用方法の指示は守るようにすると覚えておくといいでしょう。