クラリス薬が効かない耐性菌が出現するのに気をつけよう

痛そうな口内炎

抗生物質は、細菌感染症に対して非常に高い効果を持っています。しかし、生物というのは進化をしていくものでそれは細菌に関しても例外ではありません。

今回は、そんな生物の進化と抗生物質の関係についてを解説していきましょう。

■耐性菌と抗生物質に対して
どんな生き物も、環境に適応することで生存してきたのですが細菌という生物は特にその傾向が顕著です。抗生物質の発明により、様々な感染症を死滅させ治療することが出来るようになってきた現代なのですが、細菌の中にはこの抗生物質に対して耐性を持った耐性菌と言うものが出てきているんですね。

この耐性菌というのは非常に厄介なもので従来の抗生物質が効かないというような性質をもったものなのです。

■なぜ耐性菌ができるのか
こういった耐性菌が出来る原因は、まさに現代医療において抗生物質がスタンダードになっているということです。細菌が抗生物質に触れる機会が多くその抗生物質に対して生存するために自らを作り変え進化した細菌が耐性菌、というのです。

なので、従来の細菌と違い同じ抗生物質では治療効果を認めることができないような耐性菌の出現の可能性も高くなって来ているのですがその多くの原因は実は患者側にあることが多いのです。

■耐性菌を作らないために
耐性菌が出来る殆どのケースが、抗生物質を処方してもらいそれを服用していて症状が収まったからと勝手に服用をやめてしまうケースです。

こうすると、体内の中で抗生物質と触れてなおかつ死滅しきってない菌ができ、それが学習することによって耐性菌が出来上がってしまうのです。

なので、耐性菌ができないようにするには処方された薬は症状が収まっても飲み続ける、ということです。